予想することが重要!(当たればなお良し)その情報を集める



コンテンツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○豪州の銀行は世界的な混乱を乗り切りつつある
○豪州の銀行の資本は十分
○世界の金融状況は依然として緊迫している
○米政府の金融安定化策は歓迎されるべきだ
スポンサーサイト
1豪ドル=81.58円

【背景】
リーマン・ブラザーズ破綻による影響
【政策金利】
 前回 7.25%
 予想 7.00%
 今回 7.00%(利下げ)
【メモ】
 アナリストの予想通り利下げで反応は薄かった
Westpac

わからなかったのでwikipediaで調べました

オーストラリア4大銀行の1つです。

ウエストパック銀行 (—ぎんこう、英称:Westpac, 旧称:Westpac Banking Corporation,ASX:WBC,NZX:WBC) は、オーストラリアのシドニーに本店をおく市中銀行である。
オーストラリアの四大市中銀行(ナショナルオーストラリア銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行、オーストラリア・ニュージーランド銀行)の一つである。
1817年設立のニューサウスウエールズ銀行に起源を持ち、オーストラリア、ニュージーランドのほか、フィジー、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、トンガ、バヌアツ、シンガポール、香港、中国、インドネシアでも一般銀行業務を行っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E9%8A%80%E8%A1%8C
スワップ

各国中銀が決定する金利政策に基づくものではない。
あくまでもマーケットの需要&供給の短期金利に依存する。

最近の米政府の資金投入(ドル買い)により短期金利上昇し
スワップが変更する。
○金融政策はしばらく引き締め気味のスタンスが必要の可能性
○先の利下げ決定は、必要以上の需要低下を避けることが目的
○インフレが目標に向けて低下する兆候は、しばらくみられない可能性
○豪州の労働市場のトレンドは弱まりつつある
○需要軟化で経済成長は鈍化へ
豪・8月失業率

前回:4.3%
予想:4.4%
今回:4.1%

豪・8月新規雇用者数

前回:+1.09万人
予想:+0.50万人
今回:+1.46万人

豪金融不安の中でマーケットは、好感で上昇
【声明】
 ○インフレは高水準で推移している
 ○中銀は需要を抑制しようとしている
 ○全体的な経済成長は今後鈍化するだろう
 ○見通しにかなり不透明さ
 ○労働市場の需給が緩和されている若干の兆候
 ○企業の設備投資は非常に強い
【メモ】
 次回の追加利下げを示唆しなかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。