予想することが重要!(当たればなお良し)その情報を集める



コンテンツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近更新できてないです。

・豪州の今年のGDPは縮小する見通し
・豪準備銀行に一段の利下げ余地
・中国の景気刺激策が効果を上げている兆候
・今年のリセッションの可能性に始めて言及
・景気回復が今年末に始まる可能性
・経済は非常に不透明な期間に

可能であれば、応援お願いします。

 
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ

FXランキング

スポンサーサイト
豪中銀議事録

・金利で再度行動するため十分な柔軟性
・今月の金利据え置きの後で利下げ余地
・3月の会合では据え置き、利下げともに合理的理由
・一連の利下げ効果見極めたかった
・目先の世界経済全体、豪GDPは弱い見通し
・利下げと政府の景気刺激策の効果は不透明


可能であれば、応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ

FXランキング


○世界経済は引き続き弱い
○世界の信用市場は改善
○経済状況の弱さは明白
○豪金融システムは引き続き堅固
○豪州の需要は他国ほど弱くなっていない
○多くの国が今後さらなる生産の落ち込みに直面する
○今のところ金利は適切
○住宅ローンと短期市場金利は非常に低水準○インフレは時間の経過とともに低下の見通し
○短期的には景気の弱い状況が続く

可能であれば、応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ

FXランキング

○利下げと政府支出は非常に重要な刺激策
○豪州の短期的なGDP見通しは非常に弱い
○豪州の景気刺激策、効果表れるには時間がかかる
○外国銀行が大規模に撤退する兆候はない
○雇用者の伸びのトレンドはゼロを若干上回る水準
○豪州の設備投資は著しく低下も
○豪州の景気減速は他の国ほどひどくはない
○08年10-12月のGDP伸び率は「おおむね横ばい」
○豪州の金融システムは相対的に力強い



可能であれば、応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ

FXランキング

○これまでの利下げ効果を夏にかけて見極める方針
○12月の利下げで金融政策は明らかに景気刺激的になった
○融資促進のため利下げ幅は大きくする必要あった
○基調インフレはピークを過ぎた、2011年半ばまでに目標圏中央値に低下へ。

1月も利下げを示唆していましたが、なくなりそうな感じです
景気回復に期待したいです


可能であれば、応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ
○豪中銀には追加利下げ余地ある
○利下げの効果が完全に表れるのには時間がかかる
○統計や最近の景気刺激策の効果を注視する
○国内の民間需要は今後弱まる公算
○企業が投資や雇用を縮小している

やはり1月にも利下げしそうです

可能であれば、応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ
○金融政策は現在景気刺激的なスタンス
○大規模な景気刺激策が需要を支えるだろう
○インフレは間もなく低下し始めるだろう
○政府は大幅利下げを歓迎
○政府は必要なら追加的な措置を取るだろう
○景気は大幅な減速
○市中銀行は利下げ受けて最大限の金利引き下げを。

「追加的な措置を取るだろう」とあります。これって
さらなる利下げもありうるということでしょうか、、、、
すごい勢いで、利下げしています。


可能であれば、応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ

ファンダメンタル的には、まだ弱く、さらに利下げを考えてるみたいですね。

○迅速に中立的な金利に移行することが有益
○一段の大幅利下げが必要との認識でメンバーは合意
○総裁は0.5%あるいは0.75%の利下げを提案
○為替介入は特定の豪ドル水準を守るためではない。




可能であれば、応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ




まだ、利下げがありそうです。
おもったより影響はながびきそうです。

○豪州経済の鈍化はこれまでの利下げや豪ドル安では十分に相殺されてはいない
○08年10-12月のインフレ率見通しを5%から4.25%へ
○09年の成長率見通しを2.5%から1.75%へ下方修正
○10年の成長見通しを2.75%から2.5%へ下方修正
○世界経済のインフレは予想以上に速いペースで低下へ


可能であれば、応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ



○需要の伸びは更に緩やかになる見通し
○インフレが近く低下すると予想するのが合理的
○世界の経済情勢がインフレ抑制に貢献するだろう
○最近の利下げが成長を支援する刺激に
○支出と経済活動は予想より弱くなるだろう。

にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ
豪・準備銀行は3営業日連続で豪ドル買い米ドル売り介入を実施。
○金融の混乱と世界的な成長見通し考えると、1%の利下げは妥当
○世界的な成長見通しの悪化、インフレの大幅な低下を意味する
○大幅利下げが市場のセンチメント改善に繋がると理事会は認識
○インフレ率は以前の予想よりも早い段階で低下へ。
○豪州の銀行は世界的な混乱を乗り切りつつある
○豪州の銀行の資本は十分
○世界の金融状況は依然として緊迫している
○米政府の金融安定化策は歓迎されるべきだ
○金融政策はしばらく引き締め気味のスタンスが必要の可能性
○先の利下げ決定は、必要以上の需要低下を避けることが目的
○インフレが目標に向けて低下する兆候は、しばらくみられない可能性
○豪州の労働市場のトレンドは弱まりつつある
○需要軟化で経済成長は鈍化へ
【声明】
 ○インフレは高水準で推移している
 ○中銀は需要を抑制しようとしている
 ○全体的な経済成長は今後鈍化するだろう
 ○見通しにかなり不透明さ
 ○労働市場の需給が緩和されている若干の兆候
 ○企業の設備投資は非常に強い
【メモ】
 次回の追加利下げを示唆しなかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。